クラリスロマイシンは副作用が出にくい薬

治療薬の成分名

クラリスロマイシンは、クラリスやクラリシッドなどの細菌感染症を治療する薬の成分です。これは抗生物質のひとつで、抗菌力が強く、クラミジアに対して高い効果を発揮します。クラミジアの治療に用いられる抗生物質で最も使用頻度が高いと言われています。特効薬と言われているジスロマックも、クラリスロマイシンと同じマクロライド系の抗生物質です。

クラミジアだけでなく多くの感染症は、薬に対する耐性がついてきます。クラビットやタリビッドなどのニューキノロン系に耐性のあるクラミジアが増えつつあり、近年ではマクロライド系のクラリスロマイシンを主成分とする治療薬を使うことが多くなったと言われています。

マクロライド系の抗生物質は持続性が高く手軽で、また副作用が少ないことから安全と評価されていて、除菌率も高いというメリットもあります。ただ、近年ではマクロライド系に耐性のあるクラミジアも確認されていますので、万能というわけではありません。

作用の仕方

クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌に感染して発症する性病ですので、この細菌を排除することによって治療とします。抗生物質はヒトには毒性がありませんが、細菌にとっては毒性を示す特徴を持ちます。細菌も細胞から成り立っており、これが増殖することで様々な症状を引き起こします。

クラミジアであれば、男性には排尿時の痛みやペニスのかゆみ、女性には下腹部の痛みやおりものの異常などです。細菌が増えるためにはタンパク質が必要で、タンパク質を作るための器官と細胞が結合して細菌は増殖しますので、これを阻害することで細菌を死滅させることができます。ヒトの細胞に害を与えないようにして、クラミジアの細菌の増殖だけを阻害するようにしたのが、クラリスロマイシンです。

副作用は?

クラリスロマイシンは副作用が比較的出にくい薬です。そのため、子供の感染症の治療にも使われていますが、下痢や腹痛などの胃腸症状が副作用として出るリスクはあります。吐き気がしたり、胃がむかむかしたりすることもあります。

激しい症状が出ることはあまりありませんが、もし嘔吐などの劇的な症状が出たら服用を中止して医師の診察を受けましょう。エルゴタミンを含む頭痛薬や、アスナプレビルを含むC型肝炎薬、ベルソムラを含む不眠症改善薬との併用は禁忌ですので注意しましょう。こういった薬を吸収するための酵素を阻害する作用を持っており、副作用の危険性も高まります。