クラビットは効力が強い

マクロライド系抗生物質

 
クラミジアの治療には通常、抗生物質や抗菌剤が使用されます。クラリスロマイシンを主成分とするクラリスは、マクロライド系の抗生物質として良く知られています。マクロライド系の抗生物質は、クラミジアの細菌の増殖を抑えるという効果があります。細菌そのものを死滅させるわけではなく、効き目はおだやかです。細菌は人間の身体のタンパク質を使って増殖していきますが、その合成の働きを阻害することが目的の薬です。クラミジア治療には、マクロライド系やアジスロマイシン系の薬が良く使われます。感染症一般に処方される薬で、高い信頼性があります。クラミジアだけでなく、淋病や梅毒などの性病にも効果を発揮しますし、皮膚感染症や中耳炎、インフルエンザ菌に対しても有効性が認められています。

使用方法は?

クラミジア治療薬としてクラビットやジスロマックなどが有名ですが、クラビットは効力が強いために使い方には制限があります。それに比較するとクラリスは効力は抑えめですが、副作用が少ないというメリットがあります。安全性という点で、クラリスの使用が選択されるケースも多くあります。副作用はあまり出ませんが、まれに吐き気や下痢を引き起こすことがあります。めまいや倦怠感が出てくるリスクもあります。その他の目立った副作用はありません。作用は穏やかで、劇的に改善する薬ではありませんが、その分安心感があります。年齢や症状によって使用方法が変わる薬ですから、医師の指導に従って正しく飲みましょう。飲み忘れた場合に2回の分量を1回で飲むなどの使用は避けてください。

併用が禁止の薬

クラリスで注意したいのは、併用禁忌の薬がいくつかあることです。併用することで副作用が起きるリスクが高まりますので、注意しましょう。たとえば偏頭痛の治療薬であるクリアミンやシギデルゴットなどの薬との併用は禁忌です。血管を萎縮させるという重大な副作用が起きるリスクがあります。ED治療薬のシアリスやアドルシカとの併用も禁忌で、ED治療薬の作用が必要以上に大きくなってしまうリスクがあります。また、C型肝炎の治療に用いられるスンベプラと併せて服用することも禁忌で、血中濃度が上昇して肝臓に負担がかかります。睡眠薬のベルソムラという良く知られた薬がありますが、これも併用しないようにしましょう。疲労が強くなったり、入眠時麻痺が起こったりすることがあります。睡眠薬と抗生物質は相性が悪いことが多いので注意しましょう。