クラミジアの検査キットは匿名で受けられる

誰にも知られずに検査

クラミジアは性病ですので、クリニックや病院に行くこと自体に精神的なハードルを感じる人も多いでしょう。HIV検査でもそうですが、なかなか一歩が踏み出せないものです。そういったときに便利なのが検査キットです。誰にも知られず、また誰にも会わずに検査が可能です。検査キット会社には知られてしまうと考えてしまうかもしれませんが、キットの購入のときに名前や住所は知らせても、それ以後はすべて個人情報は必要ありません。住所も氏名も不要です。識別のためのパスワードを設定するだけです。高い匿名性があるため、世間体を気にせず検査できます。

どのようなシステムか

検査キットは郵便で送られてきます。クラミジア検査の場合は、男性なら尿、女性なら膣の分泌物を自分で採取して検体として提出し、喉の場合は粘膜から採取します。どの方法でも専用の器具が付いてきて、誰にでもできる作業です。識別のためのパスワードをネットの公式ページで設定して、情報のやり取りはそれで行います。検査をする研究所は、誰のものか分からない検体を受け取ります。すべて番号で処理されます。検体は登録衛生検査所に送られます。検査所は法律で定められた厳しい基準に合格している期間で、保健所や病院の検査も行っている専門施設です。検査の信頼性は確保されています。

どの検査キットもほぼ同じ

検査キットの選び方ですが、実際にはどの検査キットでも品質に変わりはありません。あまり大きく会社ごとに変わっていると、それだけで心配になりますが、そういったことはありません。選び方としては、検査システム全体の信頼性を考えると良いでしょう。検査結果を誰かと間違えたり、紛失したりといったトラブルの報告のないところがベストです。ネットでの口コミ情報では、STD研究所が信頼を置かれていて、利用者目線で対応してくれると評判です。検査の仕方で不安や疑問に思うところを質問しても、その日のうちに親切な返信が来ます。STD研究所は日本で初めて性感染症の検査キットの郵送サービスを始めた会社で、匿名検査を徹底していて、安心して利用できます。ホームページも分かりやすく、必要な手続きや使い方を丁寧に説明し、クラミジアや淋病、HIV、梅毒などの性感染症の検査キットを幅広く提供しています。性感染症は相談しにくい病気です。1人で悩んでいる間にどんどん時間は経っていきますので、重症化する前に検査をしてみましょう。