クラミジアが進行すると下腹部痛が出る

通常は無症状

クラミジアは男性にも女性にもかかる性病です。多くは性行為によって性器の粘膜にクラミジア・トラコマティスという細菌が感染することで発症します。クラミジアの特徴として、男性の場合には排尿時の痛みがあって、尿道にかゆみが出るという典型的な性病の症状が発生しますが、女性の場合には無症状が多いという点です。大手のクリニックのリサーチによると、男性の無症状の割合は約50%ですが、女性の無症状の割合は80%と高いものがあります。症状があったとしても、おりものが多少増えたり、軽い生理痛のような痛みがあったりする程度で、身体の調子に常に変動のある女性にとってはあまり大した問題にならないことが多いです。そのため感染したまま放置して、子宮頸管炎や子宮内膜炎などを発症させることがあります。さらに進行すると最悪で不妊や流産などの原因となることもあります。

症状が進行すると

女性のほとんどは無症状ですが、症状が出るとすると、おおかたは子宮頸管炎です。これはおりものに臭いが出て、黄色っぽくなることに特徴があります。不正出血が起きることもあります。ただ、これも女性の日常としてはまれなことではありませんし、下腹部の痛みもなく、自覚症状がほとんどない状態です。白っぽい水のような膿がおりものに混じることもあります。知識のある人は、この段階で気が付きますが、多くは見過ごされると言われています。男性パートナーがクラミジアにかかったことが分かるケースでは、女性のほうも検査をうながされることがありますので、ここで発覚することが多くあります。この段階であれば早期発見・早期治療と言えるでしょう。

痛みが出るとき

クラミジアの潜伏期間は1週間から3週間です。症状が出ても最初は非常に軽いものとなります。感染してから3週間経ってから、陰部にかゆみを感じたり、おりものに異常があってもクラミジアと気づかないケースがあります。不特定多数の異性と性交渉をしている場合はなおさらで、若年層ではコンドームの使用率も低いことから、一気に感染が拡大することもあります。3週間前に1回だけ性交渉をした相手から感染し、その後の付き合いがなくなれば男性からの報告もありません。当初の症状は軽度ですので、女性が自分から気がつくとすると、子宮頸管炎や子宮付属器炎などを発症した場合です。これはクラミジアの細菌が膣の入り口から子宮のほうへ進行したことで発生します。このとき下腹部に痛みがあります。この段階なら治療も早く済みます。