咽頭クラミジアはオーラルセックスで感染する

咽頭クラミジアとは?

咽頭クラミジアとは、名前の通り喉にクラミジア・トラコマティス菌が感染して発症する性病です。性病というと、普通は性器がかかるものを思われがちですが、クラミジアの場合には喉にも感染します。クラミジアの細菌は粘膜から粘膜に感染していくものです。そのため、オーラルセックスによって感染します。挿入という行為に飽き足らず、またより強い興奮を得るためにオーラルセックスを行うことは、若い人の間では珍しいことではありません。その際に、たとえばクラミジアに感染した男性にフェラチオすることで喉にクラミジア・トラコマティスが感染します。ディープキスによっても感染することもあります。唾液の交換によって感染することもあります。クラミジアは細菌そのものは弱いですが、感染力は高いため、注意が必要です。

風邪と似た症状が出る

咽頭クラミジアに感染すると、喉が腫れて咳が出やすくなる、喉につまりを感じて食事の際に痛みが出るようになど、風邪に非常によく似た症状が出ます。また、喉の周辺部位にも影響が出ます。特に多いのは耳の周辺で、耳に痛みが出て、一時的に聞こえにくくなることがあります。目が充血したり腫れたりすることもあります。これも風邪によくある症状であるため、風邪薬を飲むだけで済ませてしまうことがありますが、風邪薬では咽頭クラミジアは治りません。風邪は基本的に症状を抑えて良く寝れば治ります。そのようにしても治らないときには、咽頭クラミジアを疑ってみたほうが良いでしょう。

チェックポイント

咽頭クラミジアかどうかを判断するポイントは、咳が出たり喉に痛みを感じて風邪薬を飲んでも治らないとき、たとえば1ヶ月以内に性交渉を行った、とくにオーラルセックスをしたときです。咽頭クラミジアのほとんどはオーラルセックスによるものだからです。また、コンドームを使わない性行為をした覚えがあるときにも疑ってみましょう。風邪を引いたのであれば、倦怠感があり、疲労感が抜けませんし、熱も出ますが、そういった症状がないときにも疑ってみたほうが良いでしょう。咽頭クラミジアの潜伏期間は1週間から3週間程度です。この間はまったく自覚症状はありませんし、また自覚症状が出ても比較的軽いところから始まります。潜伏中でも他の人に感染させます。前回の性交渉から時間が経っていて、それを忘れて別の人とセックスをすると相手に感染しますので、充分注意しましょう。