クラミジアは細菌、カンジダはカビである

似た症状が出る

クラミジアとカンジダ症は似た症状が出るため、混同されがちです。カンジダ症だと思って放置していたら、実はクラミジアで、相当進行してしまったいたということもあります。また、医師から「とりあえずクラミジアと思って薬を飲みましょう」と言われたものの、実際にはカンジダ症だったという報告もネット上には寄せられています。

似ているのは、両方とも陰部にかゆみが生じることと、おりものに変化が出ることです。炎症が起きている点で非常に良く似ています。恥ずかしいと思ってなかなか治療に行けず、1人で悩んでしまうことも多いですし、勝手にカンジダ症と判断してドラッグストアなどの薬に頼って、クラミジアを放置してしまうこともありますので注意しましょう。

どう違うの?

クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌が引き起こす感染症です。子宮頸管に細菌が感染することから始まりますが、無症状のことが多く、おりものにわずかに変化が出る程度です。放置していると下腹部に痛みが出てきて、膀胱炎症状が出ることもあります。無症状のまま進行していきますが、放置しても治りません。一方、カンジダ症はカンジダというカビ菌が感染して起きる性病です。

カンジダ菌は元々女性の外陰部の皮膚に常駐している菌で、性行為や体調不良などによって粘膜が傷んだり、免疫力が低下したりすることで炎症を起こします。多汗症や肥満などで陰部の湿度が高くなることによっても発症します。外陰部のかゆみは、膣の入り口付近で強く、ときに熱っぽく感じられるのが特徴です。おりものはヨーグルトのような白っぽい黄色です。クラミジアでもおりものに変化が出ますが、こちらは水っぽいものです。

必ず医師に判断してもらう

クラミジアとカンジダ症では治療方法がまったく違います。カンジダ症では、常在菌であるカンジダの増殖を抑えることが必要ですが、クラミジアでは抗生物質の投与が主な治療方法です。クラミジアの治療をしている女性がカンジダ症になることがありますが、これは抗生物質によって膣内の乳酸桿菌が減るためです。

クラミジア治療中にカンジダ性になっても抗菌薬や抗生物質の服用をやめないようにしましょう。クラミジアが再発するおそれがあります。自己判断ではなく、必ず医師の診断に従ってください。クラミジアは細菌ですので、菌を殺せば治りますが、カンジダは常在菌ですので抗真菌薬でなければ治りません。併発すると厄介ですが、それぞれ治療期間は長くないので完治までしっかり薬を服用しましょう。