クラミジアの感染と再発率に注意

どうやって感染するのか

クラミジアは、性交渉によって原因となるクラミジア・トラコマティスが男性の尿道、女性の膣や子宮などに感染することで引き起こされる性病です。性交渉においては、コンドームの使用によって感染するリスクは大幅に下がりますが、コンドームを使用しないセックス、またフェラチオやクンニリングスによっても感染します。最も身近な性病と言われています。感染者は他の性病に比較して多い傾向が続いています。粘膜から粘膜に感染する傾向があり、食器やコップなどを共用したり、トイレの便座から感染することはなく、お風呂などを共用してもうつりません。

感染する率の高さ

クラミジアは感染率の高い病気です。クラミジア・トラコマティスの保菌者とコンドームを使用しないで性交渉を行った場合には、約50%という高い確率で感染します。感染確率が高いのは男性よりも女性です。性器が露出している男性よりも、性器が露出せず、性交渉で粘膜そのものに刺激を与える女性のほうがわずかですが、感染率は高いと言われています。感染率50%というのは、かなりの高さです。不特定多数の人と関係を持つと、当然危険性は高まります。一般的には、男性のクラミジアのほとんどが風俗店経由と言われています。男性の場合には、感染経路として風俗店通いを疑ったほうが良いでしょう。また、特定のパートナーがいる場合には、相手が感染経路となっている可能性が非常に高いです。カップルや夫婦の場合には、検査を受ける際には必ず2人で受けましょう。

再びかかることも多い

クラミジアは1回かかったからといって、クラミジア・トラコマティスに対する免疫や耐性ができることはありません。そのため、1回かかった人に再発することが非常に多いことでも知られています。クラミジアにかかったときにも、一応抗体はできますが、一時的なもので固定的な免疫ではありません。抗体はウィルスが体内に入ってきたときに、それを死滅させるためにできるものです。クラミジアを治すと、抗原は完全に消えます。そのため、抗体は必要なくなってしまい、また再び感染するリスクがあるのです。パートナーの両方が感染している場合、片方が治療してももう1人のクラミジアが治っていないときには、再びかかってしまう可能性が高いと言えます。感染率は高いので検査も治療も必ずパートナーが2人で行い、医師の指導に従って投薬治療をするようにしましょう。